コーヒー研究

コーヒーがドリップ時に膨らまない3つの理由

Pocket

疑問
疑問
自宅でドリップコーヒーをよく飲みますが、
なかなかドリップ時に豆が膨らみません。
よくテレビとかでモコモコ膨れ上がるを見ますが、
なぜ自宅で淹れると膨らまないのでしょうか?

今回はこのような疑問に答えます。
膨らまない原因は豆にあります。

今回はこのような流れでお話しします。

  • コーヒーがドリップ時に膨らまない3つの理由
  • コーヒードリップ時に膨らませる方法
  • ドリップ時に膨らむ豆を手に入れる方法
  • コーヒーを楽しめる器具

まずはコーヒーに関する経験値をお伝えします。

・バリスタ(2019年10月~)
・コーヒー豆焙煎(2019年2月~)

今まで自宅でおよそ40,000gを焙煎。
回数にして200回~400回は焙煎をしました。

これまでの経験からお話しします。

私も自宅でコーヒーのドリップを始めてもう5年以上たってます。

始めた当初は全く膨らみませんでしたが、
今ではドリップ時には膨らまないことは全くありません。

*最後まで読むと
・ドリップ時に膨らませることができるようになる。
・よりおいしいコーヒーが楽しめる。
・より豊かなコーヒーライフが実現する。

それでは解説します。

コーヒーがドリップ時に膨らまない3つの理由


まず、コーヒーがドリップ時に膨らまない理由は主に下記のような理由が挙げられます。
・鮮度が落ちている
・浅煎り
・メッシュが適切ではない

理由1:鮮度が落ちている

豆の鮮度が落ちていることがもっとも大きな理由です。
コーヒーの鮮度が落ちていると、
膨らむ要因であるガスが抜けている場合が多く、
そのため、どう工夫してもふくらむことはありません。

【コーヒーが膨らむ理由】
・コーヒー豆に含まれているガスによって膨らみます。
蒸らしの段階で豆にお湯を浸透させることで、
豆の成分が緩んでガスが放出されます。
そのため豆全体が押し上げられ、モコモコと膨らみます。

ではどのような豆は鮮度が落ちているのか?

下記のような豆は鮮度が落ちて劣化しています。

・市販のコーヒー豆
・大手チェーン店のコーヒー豆
・すでにグラインドされた状態で販売されているコーヒー

*焙煎されて1~2週間程度なら問題はありません。いつ焙煎されたかを聞いてみると良いでしょう。

いずれにしても劣化しているコーヒー豆は膨らみません。

理由2:浅煎りの豆を使っている

浅煎りの豆については膨らみずらいです。
膨らむ要因となる炭酸ガスが少ないからです。

豆の色を確認してみると良いでしょう。

【膨らむ豆の色】
・色が濃くなるほど膨らみやすいです。
豆の色が置くなるほど炭酸ガスを含んでいるので膨らみやすい傾向にあります。
*一方で豆の色が濃くなると苦みも強くなります。

浅煎りであってもとても新鮮な豆であれば膨らむことはあります。
(たとえば焙煎したてなど。)
ですが、この場合は味がまとまっていないのでおすすめはできません。

気持ちよく膨らましたい場合は色が濃い目の豆を選びましょう。

理由3:メッシュが適切ではない

豆の粒度が適切ではない場合は膨らみません。
蒸らした段階でしっかり豆にお湯が浸透しません。
その結果、ガスが放出されず豆が膨らみません。

【適切なメッシュとは】
・ペーパードリップではグラニュー糖に近い粗さがちょうどいいです。
細かすぎると豆にお湯が浸透しない上に味も良くはないです。
粗くても同じです。

もちろんグラニュー糖なみの粗さがちょうどいいかは飲む人によります。
膨らむには膨らみますが、味は各々で調整していく必要があります。

適切な粒度でドリップをしましょう。

コーヒードリップ時に膨らませる方法


次に上記を踏まえて、ドリップ時に膨らませる方法を解説します。

1:鮮度の良い豆を使う
2:ドリップ前に豆を挽く
3:ペーパーフィルターを使う

この3つを実践するだけで圧倒的にコーヒーのクオリティが向上していきます。
解説します。

方法1:鮮度の良い豆を使う

鮮度の良いコーヒー豆を使用しましょう。
前述の通りで鮮度が良ければ適度にガスを含んでいるため、
蒸らしの段階で大きく膨らみます。

【鮮度の良いコーヒーとは?】
・焙煎日から3日~2週間程度が良いです。

「そんな豆、どうやって手に入れるの?」
と思われる方もいると思いますが、とても簡単です。

手に入れる方法は3つ。

・自家焙煎のカフェに行く
・自分で焙煎してみる
・通販サイトの利用

特に通販サイトは良いかもしれません。
たとえばこちら。




鮮度にこだわった豆を販売しており、
発送前に焙煎するとのこと。

膨らまないわけがないです。

「カフェにいったり、自分で焙煎したりするのにはちょっと・・・」
という方にはこちらがおすすめですね。

方法2:ドリップ前に豆を挽く

豆はドリップ前に挽きましょう。
というのも豆は挽いたとたんに劣化が急激に早くなり、
膨らむ要因の炭酸ガスも排出され始めます。

コーヒー豆を買うときは豆の状態で買いましょう。

【コーヒー豆の保存方法】
二通りあります。・密閉容器で常温
→ 毎日飲む人・密閉容器で冷蔵
→ 毎日は飲まない人

*冷蔵の場合は、頻繁に容器を開けると水分が豆に付着して味がかわってしまうので注意してください。

豆の状態で買って、ドリップの前に挽くことで
膨らむコーヒーが飲めます。

家庭用のグラインダーは安いのでいいと思います。

方法3:ペーパーフィルターを使う

ペーパーフィルターを使いましょう。
ペーパーフィルターをつかったほうが膨らみやすい印象です。

最近では金属製のフィルターが多い印象ですが、
膨らますにはペーパーフィルターがおすすめです。

【ペーパーフィルターはなぜ膨らみやすいのか?】
・炭酸ガスが外側に逃げにくいからだと思われます。
金属製のフィルターやネルだと目が粗いのでガスが放出されやすいので、気持ちよく膨らまないように感じます。

ペーパーフィルター以外はおいしくないのかと言われればそうではありません。
どれも個性があって使うメリットはありますが、
膨らませることを考えてばペーパーフィルターがおすすめです。

膨らまないけどコーヒーを楽しめる器具


最後にコーヒーをより一層楽しめる器具の紹介です。

器具1:エアロプレス

エアロプレスは特におすすめ。

始めて使った印象は

・とにかく楽。
・すっきりしたコーヒーができる。
・風味が特に強調される。

ぺーパードリップは淹れていてすごく楽しいですが、
後片付けがとにかく面倒です。

ですがエアロプレスは器具の片づけがとにかく楽。

しかも淹れ方がシンプルなのでブレがなく、
いつも同じコーヒーが楽しめます。

場合によっては、コーヒーライフがまったく変わってしまうほどの器具です。

器具2:マグカップ

マグカップも重要です。
飲むときの印象が大きく変わります。

おすすめを二つご紹介します。

こちらはSnowPeakのチタンマグ。

特徴としては2重構造なので冷めにくく
ドリップしたてのコーヒーを入れても熱くなりません。

とてもコンパクトで使い勝手がとてもよく、
アウトドアでコーヒーを楽しむにも最適なマグです。

(個人的にこのチタンマグで飲むコーヒーの方がおいしい気がします。)

続いてCores のキキマグ。

特徴はシルエットが台形で
香りがストレートに口元に流れる構造になっています。

使った印象は、確かに香りがストレートに感じられますが
何よりも持ちやすいのが大きな利点に感じられます。

手に合う構造で握りやすい。

しかも美濃焼なので重圧感があります。

価格もそれほど高いわけではないのでおすすめ。

マグにもこだわるだけで味の感じ方もかわってきます。

まとめ

ここまでコーヒーが膨らむことについて解説してきましたが、

もっとも大切なのは、豆の鮮度です。

そして鮮度の良い豆を手に入れても劣化させないことも大切。

そのためには、
豆の状態で買って、
ドリップ前に豆をグラインドするのがおすすめです。

この2つで大きく変わります。

とても簡単です。
ぜひお試しを。

今回は以上です。

-コーヒー研究

© 2021 tadahanasu Powered by AFFINGER5