コーヒー研究

自宅でコーヒーの自家焙煎を始める手順。注意点もあります。

  1. HOME >
  2. コーヒー研究 >

自宅でコーヒーの自家焙煎を始める手順。注意点もあります。

Pocket

疑問がある人
自宅でコーヒーの自家焙煎をしてみたいです。始めるにはなにからすれば良いのでしょうか?

今回はこのような疑問に答えます。

まずは私のコーヒーに関する経験値をお伝えします。

・バリスタ(2019年10月~)
・コーヒー豆焙煎(2019年2月~)
今まで自宅でおよそ40,000gを焙煎。
回数にして200回~400回は焙煎をしました。

これまでの経験からお話しします。

 

コーヒーの焙煎の焙煎を始めるにあたっては、

  • 「必要な道具を集める」
  • 「基礎知識をインプットする」
  • 「トライアンドエラー」

 

とてもシンプルですが、

 

上手くできるか不安。失敗したくない。

始めてから、わからないことが多そう。

 

このような疑問があると思います。

自宅でコーヒーの自家焙煎を始める手順から、これまでの経験から知っておくと非常に役立つことをまとめました。

読むメリット

  • コーヒー豆の自家焙煎を自宅で始める手順がわかる。
  • 焙煎に必要な道具がわかる。
  • 自宅で焙煎する際の注意点がわかる。
  • 焙煎を続けられるようになる。
  • 焙煎がとても楽しくなる。

それでは始めます。

コーヒーの焙煎とは?と思う方はこちらからご覧ください!

 

コーヒー豆の焙煎を自宅でやる手順

まず自宅で始める際の全体像はこちら。

とてもシンプル。詳しく解説します。

 

焙煎器具を購入する

焙煎を始めるにあたっては焙煎器具が必要です。

焙煎器具についてはこちらでまとめました。

 

手網焙煎器具を使う

手網焙煎器具はもっとも安いですが、注意点があります。

 

手回し焙煎器具を使う

手回し焙煎器具はもっとも簡単に焙煎が可能です。

アウベルクラフトについてレビューをかきました。

 

フライパンを使う

あまりおすすめはしませんが、フライパンでも可能です。

道具をそろえる

まず必要な道具をそろえましょう。

必要なもの

  • 焙煎器具
  • コンロ
  • ザル
  • トレー
  • 軍手
  • ドライヤー
  • 掃除機
  • 保存容器
  • スケール
  • タイマー

下記の記事で詳しく解説しました。

焙煎器具は一般的には販売されていないようですので、通販で購入しましょう。

 

それ以外の道具については、こだわらなければすべて100均でそろいます。まずは必要なものをそろえるところから始めましょう。

 

基礎知識をインプット

 

この投稿をInstagramで見る

 

Lalico Coffee(@lalico_coffee)がシェアした投稿

そして次に焙煎に関する基礎知識をしっかり固めておきましょう。

 

「すごくまずくて飲めない」ということはありませんが、なにも知らない状態で焙煎を始めると下記のような失敗が起きます。

  • 煎りムラ(豆が均一に焼けていない)
  • 生焼け(芯まで火が通っていない)
  • 焦げ(真っ黒になり最悪引火します)

一度の焙煎量はおよそ100g~200g程度。これらの失敗を繰り返すとあっという間に豆はなくなってしまいます。

 

では具体的にどのように基礎知識を得ていくかということなのですが、一度下記の書籍をサクッと読んでみましょう。


こちらはどこのカフェにも必ずあるような一冊です。

もちろん焙煎に関わらず、豆の栽培から抽出まで解説されています。焙煎を始めてからさまざまな疑問が出てくると思いますが、幅広い知識があれば案外簡単に解決してしまいます。

まずはこの一冊から初めてみましょう。

ここまでわかったら次へ

  • 蒸らしとはなにか?
  • 焙煎度とはなにか?
  • ハゼとはなにか?
  • 煎り止めとはなにか?

焙煎前にはこれくらいは知っておきたいです。

 

トライアンドエラー

ここから実際に焙煎を始めますが、焙煎をしていく上で大切なのは自分が好きな味を見つけることだと思います。何回もやってみてトライアンドエラーを繰り返して、見つけていきましょう。

具体的な焙煎方法は上記の書籍にもありますが、こちらの記事でも詳しく解説しております。

コーヒー豆の焙煎方法を解説。【これを意識すれば失敗しない!】

続きを見る

ここでは軽く焙煎の流れと注意点を触れておきます。()はだいたいの時間の目安です。

 

水抜き(0:00~7:00)

始めの段階は「水抜き」と呼ばれます。
まず初めにタイマーを用意して焙煎記録をとるのが良いでしょう。

重要なこと

・ゆっくり豆を温めて芯まで火を通す。
・ムラを防ぐためにしっかり振って撹拌する。
・時間をかけすぎない。

ここをしっかりできればまずいコーヒーにはなりません。

 

ハゼまで (7:00~9:00)

香ばしいかおりが漂ってきたらそろそろハゼます。

重要なこと

・どの焙煎度を狙うかイメージ。
・火力を抑える。

 

煎り止め (9:00~)

狙った焙煎度に達したら煎りどめ。

重要なこと

・手で触れるくらいまで冷却
・やけど注意。
・密閉容器で数日おく。

こんなところです。
焙煎したのをすぐに飲みたくなると思いますが、しっかりエイジングさせてから飲むのがおすすめ。(だいたい4日から7日以降)

 

自宅でコーヒー豆の焙煎をする際の注意点

 

自宅で焙煎するにはまず注意すべきことがあります。

 

 

上記の点は覚悟しましょう。

 

煙がよくでる

まずは煙がかなり出るということ。
水抜きから次第にコーヒーの香ばしいかおりがたちはじめ、ハゼが始まると煙が出てきます。

確認しておくこと

  • 周囲からクレーム受ける覚悟をする
  • なるべく外でやる
  • 上層の窓を開けておく。(においは上に行きやすい)
  • 換気扇はしっかり回す。

コーヒーの香りは上層に行きやすい印象。窓を開けておくとにおいが抜けます。

 

焙煎中の煙についてはこちらでも解説しています。

 

チャフが舞う

コーヒーの薄皮はシルバースキンと呼ばれ、焙煎が進み乾燥することによってキッチンに全体に舞います。(チャフと呼ばれます。)掃除が大変です。

対処方法としては、このようなものがあります。

  • 水洗いしてシルバースキンをとる。
  • シルバースキンが少ない豆を選ぶ。
  • チャフが舞いにくい焙煎器具を使う。

おすすめは水洗いでシルバースキンをとってしまうのが良いかと。
シルバースキンは焦げなどの原因となるため取り除く必要があるので、焙煎時には排出しておきたいです。

チャフについてはこちらで解説。

 

こちらで水洗いについて解説しました。

 

 

その時間何もできない

あまり大きな問題ではありませんが焙煎中には何もできないので注意。

焙煎前にやっておくこと

  • トイレにいく
  • 電話や郵便の受け取りはほかの人に任せる。
  • タイマーの準備をしておく
  • 煎り止めから冷却の準備もしておく

一度止めてしまうと、再加熱して芯まで火を通すのはなかなか難しいです。焦げやすいので。

 

自宅で焙煎を続けて直面した壁

 

焙煎を繰り返しているとだんだんと別の疑問がでてきます。私の場合はこのような疑問が浮上しました。

 

 

1年近くこれらに悩まされましたが、だんだんと答えがわかってきたのでお伝えします。

 

香りがでない

まず思うように香りが強く出ないということ。
これについては下記のような原因があります。

  • そもそも香りが強い銘柄ではない
  • オールドクロップ
  • 時間をかけすぎている

もしかおりの良いコーヒーを求めるのであれば、カレントクロップやニュークロップのスペシャルティコーヒーを選び10分前後で焙煎すると良いです。

クロップとは

・いつ収穫されたか。

ニュークロップ → 収穫されてすぐ

カレントクロップ → その年に収穫されたもの

パスとクロップ → 1年前に収穫されたもの

オールドクロップ → 2年前に収穫されたもの

年を重ねると個性がなくなっていくといわれております。

一方で焙煎時には常に排気されているため、時間をかけすぎると香りも抜けていきます。

そしてより強い香りを求めるのであれば、スペシャルティコーヒーを選びましょう。

 

上手くできているかわからない

次にうまく焙煎できているのかがわからないということです。焙煎を続けていると本当にこれでいいのかなと疑問に思うことがありますが、

焙煎豆を飲む際に気を付けること

  • 数日たってから飲む(エイジングさせる)
  • 決まった抽出方法で味を確かめる。
  • 場合によっては個性のない銘柄もあるので期待しすぎない。

一番大切なのは、しっかりとエイジングさせることです。エイジングをしっかりさせてから飲むと豆の味がやりわかりやすくなります。

 

焙煎度が適切であるかがわからない

最後に焙煎が適切であるかどうかがわからないということ。
これについては焙煎する豆で考え方が変わってきます。

  • コモディティコーヒーはある程度適切な焙煎度があるのでそれを目指すと良い。
  • スペシャルティコーヒーは適切な焙煎度がなく、なにをもとめるかで変わってくる。

コモディティコーヒーについては田口氏の書籍にもある通りで、ある程度適切な焙煎度が決まってきますが、スペシャルティコーヒーについては個性があるのでこれついては個人の好みになってきます。

 

たとえばエチオピア・イルガチェフ
浅煎り → すっきりした酸味と香りが良い
深煎り → コクがあるけどフルーツっぽさも残る。

どちらもおいしいです。

 

正直なところ、スペシャルティコーヒーには正解がないので好みの焙煎度で良いと思います。

 

自宅でコーヒー豆を焙煎するメリットとは

最後に自宅でコーヒー豆の焙煎をすることにどんなメリットがあるのかを解説します。

  1. コーヒーの出費が激減する。
  2. コーヒーの味がわかる。

コーヒーの出費が激減する。

まず一番わかっていただきたいのは出費が激減するということ。

価格(100g) 一杯(20g)
自家焙煎 ¥125~375 ¥16~
カフェ ¥500~ ¥500~

(*焙煎すると豆の重量が20%減ります)
(*生豆価格はワールドビーズショップで私が購入した銘柄を参考にしてます。)

カフェで一杯飲むよりも価格は圧倒的に安くなります。

 

コーヒーの味がわかる。

次にコーヒーの味の違いがよくわかるようになります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Athletic_Coffee(@kouta_athletic_coffee)がシェアした投稿


コーヒーは産地によって、農園によっても味が大きく変わってきます。自分で銘柄を選んで焙煎度も選んで何杯も何杯も飲んでいると細かい違いまで分かるようになります。

ここまでしっかり味がわかるようになると、カフェでのバリスタや焙煎業務など狙えるようになります。
(私の場合は新規事業として焙煎所の開業を任されています。)

 

まとめ

今回のまとめです。

ます自宅で焙煎を始めるにあたって、

 

  • 道具をいったんすべて集めましょう。
  • 書籍などで基礎知識を積んでおきましょう。
  • 基礎知識を積んだらトライアンドエラー。どんどん焙煎してみましょう。

念のためもう一度リンクを張っておきます。


とてもシンプルですが、注意点もあります。

  • 煙がたつ。
  • チャフがキッチンに舞う。
  • 焙煎中はなにもできない。

もっとも気になるのは煙とチャフ。これだけはしっかりと考えておきましょう。

そして、自宅で焙煎をするメリットとしては

  • コーヒーの出費が激減する。
  • コーヒーの味がわかるようになる。

二点が挙げられます。

まずは「道具を集めること」が第一ステップですが、基礎知識の学習は今からでもできますし、とても興味深く面白いです。

推薦図書についてはこちらがおすすめです。



>>kindle Unlimitedで読む

今回は以上です。

-コーヒー研究

© 2021 tadahanasu Powered by AFFINGER5